>

県・議会の動き見極める

平成31年1月26日 宮古新報

市議会説明後に最終判断
 辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票について、県議会の会派代表者会議で 「賛成」「反対」の2択から「どちらでもない」を加えた3択に条例改正することの合意を受けて25日、記者団の取材に答えた下地敏彦市長は「3択でまとまったことは評価したい」と述べた。今後の対応については県(玉城デニー知事)の説明や3択への条例改案を審議する県議会臨時会を見極める考えを示した。その上で市議会議員に説明し、そのあとに「参加するか」「参加しないか」 の最終判断を下す方針だ。
 県民投票への不参加を表明しているのは宮古島、宜野湾、沖縄、うるま、石垣の5市。24日に開かれた県議会の会派代表者会議で3択に条例改正することで合意したことを受け、急きょ設けられた会見で下地市長は県議会が条例改正案を可決するかどうか見極めていきたいという姿勢を見せ、「知事は、すべての市町村、市町村議会議長に丁寧に説明してほしい。その内容をしっかり把握したい」と述べた。
 市町村への説明は県の判断だと前置きをしたうえで、2月24日の投票まで時間がないので今月29日に開催が予定されている沖縄振興会議に市町村長らが出席するのでその場で説明する方法もあると話した。
 宮古島市としての対応については 「議会で受けるべきでないと決断したので、県がどういうふうに2択から3択になったのかの説明を聞きたい。私も議会に説明しないといけないので意見を聞いて最終判断をしたい」と強調した。
 議会への説明は 「臨時議会ではなく、全員協議会の形がいいと思っている」と述べた。具体的に、いつまで開くのかについては「県の説明が終わればただちに開く」と述べ、(今月29日の)県議会臨時会や沖縄振興会議が行われる翌日になる見通しだ。
 投票日は「全市町村一緒にやった方がいい」との考えを示した。
 市議会与党や下地市長が「参加しない」と表明後、「県民投票実現みゃーくの会(奥平一夫・亀濱玲子共同代表)は「市民の権利である投票権を奪うことは許されない」と市民集会などで抗議の意思を示している。市民集会後は下地市長に直接、「県民投票の実施を求めます」 とのメッセージを手渡した。

コメント