>

ナーフィーヨウズ(命名祝い)

 昨夜は友人宅でナーフィーヨウズ(発音は「ズ」では無いんだけど表記できないから便宜上「ズ」と書きます)がありました。
 結婚して7~8年目に生まれた赤ちゃんということで、ご両親はもちろんおじいちゃんもずーっと抱っこしてかわいくてかわいくてしょうがないって感じのほっこり感。とっても楽しいお祝いでした。20181110_17592320181110_175744
 現在沖縄本島にお住いのおじいちゃんには初めてお会いしたんですが、若いころ私の生まれ島である来間島に教員として赴任したことがあるということでびっくり。私の亡き父や兄のことも覚えていていろいろと話して頂きました。ほんとに世の中ってせまい感。
 
 ところで、宮古島では子供が成長する節目節目で親戚や友人、知人を招いて盛大にお祝いをするんです。
 子供が生まれたら「ナーフィーヨウズ(命名祝い)」、小学校入学時には「入学祝」、高校入試に合格したら「合格祝い」、高校卒業時には「卒業祝い」、成人式には「成人祝い」・・・
 「ナーフィーヨウズ」は1件だけだからゆっくりできるんだけど、そのほかの「入学祝」とか「合格祝」などはみんな同じ日のお祝いなのでもう大変。10件以上重なるなんてのもざらにある。
 城辺行って、はい伊良部行ってなんてなったら、1件に10分くらい座って「はい、次に行きます」のほぼ宮古島一周コースでかなりハードな夜である。
 こどものお祝いだけでも大変なのに、さらに「敬老祝い」、「スラブウツ(棟上げ式)。「新築祝い」なども盛大なのだ。
 こんなお祝いが1年中宮古島のどこかで行われているのである。幸せな島に生まれてよかった。
 さあ、今夜もお祝いに出かけよう。

コメント