>

圧倒的民意示そう

2019年2月15日(金)  宮古新報

県民投票告示で「反対に〇」決意新た

 新基地建設反対県民投票連絡会宮古支部(池間寛信・奥平一夫・亀濱玲子共同代表)は辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票(24日投開票)告示日の14日、平良西里の宮古郵便局交差点で出発式を行った。会員ら多数が参加し、出勤・登校中の市民らに投票参加を余びかけながら「辺野古新基地NOの圧倒的な民意を示すために『反対に〇』を広げていこう」などと決意を新たにした。
 午前8時からの出発式では、奥平一夫代表が「待ちに待った県民投票の告示日。人や政党を選ぶのではなく沖縄の未来を選択する大事な県民投票。辺野古に新しい基地は造らせないという思いで反対に〇(マル)という運動を展開していく。辺野古に新基地が造られることは沖縄にとって一文の得にもならず多くの弊害がある。反対にマルという民意を広げ、市民の皆さんの理解と協力で圧倒的に勝ち取っていきたい」とあいさつ。亀濱共同代表は「埋め立て・新基地建設反対にマルという歴史的な意思表示の機会。県民の圧倒的な民意を示すことができる。基地によらない平和な島づくりを目指す歴史的な闘いと位置付け、圧倒的な反対にマルの民意を示していこう」と訴えた。
 國仲昌二事務局長が「少しでも投票率を上げないといけないが、通常選挙と違ってなかなか盛り上がっていない。より多くの人に『反対に〇』を呼びかけていきたい。政府の強硬姿勢を認めてはならない。最後の最後まで頑張っていこう」と行動提起し、仲里タカ子幹事が多くの協力を呼びかけた。最後は島尻誠幹事の「辺野古反対の民意を示すため、残り10日最後の最後まで諦めずに頑張ろう」との温度で頑張ろう三唱をして締めくくった。

コメント